事業所紹介・特徴

訪問看護ステーションソレイユ理念

ソレイユは フランス語で ひまわり
花ことば ~いつもあなたのおそばにいます~

私たちスタッフのモットー

知識と技術の向上
明るく 笑顔で 温かく
相手の立場に立ち思いやる心と意思の尊重

私たちが目指す看護とは

自分や自分の家族にしてほしい看護を実践する

また、訪問看護ステーションは、総合病院や地域のクリニックなど大府市内外の医療機関と連携を図りサービス提供しております。

“時々入院ほぼ在宅”の実現を目指して

日本は2000年以降すでに超高齢社会に突入し高齢化を背景に各機能が低下し今までの生活がし辛くなっていることが多くあります。

その中で共和会は「優しい医療・楽しい職場」を法人理念に掲げて日々、保健医療、介護福祉事業に取り組んでいます。

病気や身体・精神機能の変調により医療機関で集中して治療を受けても「住み慣れた地域」で「自分らしく」する日々の生活はより難しい時代にもなっています。

私ども訪問医療事業部は看護師や理学療法士、作業療法士などの専門職が利用者様の「住み慣れた地域」に出向き

「自分らしく生活する為」の視点を大事にして医療介護サービスに取り組み「時々入院ほぼ在宅」の実現を目指しています。

訪問医療事業部 統括 鈴木博志

 

-自分や自分の家族にしてほしい看護の実践-

長らく急性期病院で勤務したのち、ワークライフバランスが実現できる職場として、訪問看護ステーションソレイユを選びました。

共に働くスタッフも同様に、仕事と家庭を両立しながら、日々活動しています。

訪問看護師は、医療者としてのスキルだけでなく、生活者としての引き出しを沢山持っていることも大事な要素です。

ご家族などの人と繋がり、医療・介護サービス関係者とともにチームとなり、ご利用者の持てる力を引き出す役割を担っています。

その人らしい生き方と逝き方ができるようご利用者、ご家族に寄り添いケアしたいと考えております。

訪問看護ステーションソレイユ 管理者 内田恵美

「親切」「丁寧」「迅速」なサービス提供

病気や怪我などで身体に障がいを受けた方が、安心・安全に自宅で過ごせるように、

「できる能力」を実際の生活に活かすにはどうしたら良いのか、「できないこと」をどうしたらできるようになるのか、一緒に考えていきます。

その方の病状や生活習慣・環境・持っている「強み」にも目向け、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が生活再構築のお手伝いを致します。

また訪問看護師や多職種とも連携を図り、自立支援、重度化防止、生活活性化、社会参加へ向けて一緒に取り組みます。

訪問リハビリテーション 管理者 稲垣光孝