訪問看護相談

◆訪問看護ってなんですか?

“ずっと我が家で暮らしたい”そんな思いをお持ちの、病気や障害のある方々に安心して生活していただけるように、保健婦・看護師が訪問して看護ケア・生活指導・介護指導をさせていただくサービスです。 ただし、実際の開始にあたってはかかりつけの医師にご相談下さい。

◆訪問リハビリってなんですか?

在宅療養されている方が少しでも快適に安心・安全な生活がおくれるよう、身体機能や生活状況を評価し、生活の再構築に向けて訓練担当させて頂くサービスです。実際の開始にあたっては主治医の許可の後、訪問看護師も介入させて頂き、医学的管理の下、リハビリ支援させて頂きます。

◆訪問看護と往診はどこが違うの?

往診は、病状が悪くなったときに応急的に自宅で診察を行います。

訪問看護は、在宅で療養される患者さんが安心して継続した治療を受けていただくため、医師をはじめ看護師・薬剤師などの医療スタッフが在宅での治療計画をたて、定期的に訪問いたします。

◆家庭での介護はむずかしいですか?

最初が肝心!“態勢づくりを”・・・

ご家族だけで悩まず病院、かかりつけ医師、看護師、行政機関(市町村の福祉課、保険センター、高齢者相談支援センター、障がい者相談支援センターなど)にまずは何での気軽にご相談して下さい。

専門スタッフが一緒に考えます。

◆在宅介護に必要は3つの条件

1.定期的な診察・往診に応じてくれたり、様態が急変したときに24時間受 け入れ体制の整った医療機関がある

2.人手や地域サービスが充実している。 ホームヘルパーの派遣、デイサービス、ショートステイ、入浴サービスなど

3.自立した生活ができ、介護者が介護しやすい住宅環境が整っている。 階段、風呂場、トイレなどの改善や段差をなくす工夫